レッカー代も保険から出るんですよ

私が高速道路を走っていた時の事です。車検も出したばかりでした。

夜、カブトムシを探しに行きたいと言われ、都内から、長野県に向かっていました。

夜なのであまり車もおらず、快調に走ってました。

その時です。

急にギアが入らなくなり、スピードが落ちはじめました。

危ないのでハンドルを左にきった所、路肩の壁に衝突。

車が止まってしまいました。後部座席にいる子供達や、妻も不安そうにしています。

私は車に積んである発炎筒を探しました。発炎筒はすぐにみつかり焚きましたが、停車板が見つかりません。

夜なので、トラックもビュンビュン通り過ぎていきます。

このまま二重事故になってはいけないと、妻や子供達を路肩のはじのガードレールの向こうに避難させました。

すぐにJAFに連絡しましたが、なかなかやってきません。
どれくらい待ったでしょうか。

ガードレールの向こうで、子供達や妻が寒さに震えていました。夏なので、薄着でしたが、夜はさすがに冷えてきます。

やっとJAFがきて車はレッカーしてもらい、我々も乗り込みました。

たまたま大月インターの出口の近くでしたので、出てすぐのところで降りました。

車は、都内の店までレッカーしてもらう事になりましたが、我々もカブトムシとりどころか、帰る電車がもうない時間でした。

仕方なくJAFの人にきくと、タクシーで都内まで50000円との事でした。

泊まる所もないので仕方がありません。車に積んである虫網や簡易テントをおろし、タクシーを呼んで貰う事にしました。

ボロボロの山梨県のタクシーがきて、車内のタバコ臭に辟易しながら乗り込みました。

子供達と妻はブーブー文句を言っていましたが、そのうち運転手が居眠りをはじめたのです。

もう危なくて仕方がありません。

持っていたガムを勧めたり、話しかけたりしてこちらも運転手の眠気をさまそうと必死でした。

そうこうしているうちに、ようやく家にたどり着きました。

その若い運転手は、そんなに長距離は運転した事はないとの事で、時間は深夜1時半でしたし、そのまま帰っては危ないと2000円のチップを渡して、これでコーヒーでも飲んで休んでから帰りなさいよと言いました。

料金は50000円で、とても痛い出費でした。

家にかえって妻がインターネットで調べると、レッカー代金は契約している保険から出るとわかりました。

私は現地で、レッカー代を払ってしまっていましたが、保険会社に連絡すると、後日申請しても、保険で支払えるとの事でした。

事故を起こした時にまず保険会社に連絡すれば、レッカーの手配など、全てしていただけたようです。

私は高速道路上で危なかったので、とにかく焦ってしまい、JAFに入ってないにもかかわらず電話で呼んでしまいました。
自動車保険に加入していれば、レッカー費用や、交通費を出していただけます。

しかし私の場合、タクシー代はダメとの事で、50000円は自腹になり、車も結局廃車になってしまいました。

交通事故全損.com

車で事故を起こした時にやるべきことは?

車に乗っていて、万が一事故を起こしてしまった時、どうすればいいか分からずにパニックになってしまうこと、ありますよね。 


特に1人で乗っている時となると、不安でいっぱいになってしまいます。 

まず、事故を起こしてしまったら、自身の安全を確保してください。 


車道で止まっていると、後ろから追突される危険もありますので、車から降りて、歩道へ避難しましょう。 


高速道路の場合も、路側帯へ車を止め、十分に周辺を確認してから、ガードレールの外へ避難します。 

次に、車の状態と周辺を確認します。 


車が動くのかを確認し、レッカー車を手配するかどうかの判断をします。 


車通りが多いような場所で、不意に車道へ出ると危ないので、あくまでもわかる範囲で問題ありません。 

自身の安全を確保し車の状態の確認が終わったら、警察と保険会社に連絡を入れましょう。 


事故を起こした場所、人身事故か単独事故か、怪我人はいるのかどうかを伝えます。 また、怪我人がいる場合は速やかに救急車も呼びましょう。 

車が動かなければレッカー車に来てもらう必要があるため、保険会社に連絡を入れる際にレッカー車の手配も一緒にお願いしちゃいましょう。 


その場合、自身の帰りの交通手段がなくなりますから、迎えに来てくれる人にも連絡を入れます。 


レッカー車を頼んだ場合、どこまで車を運ぶのかを聞かれます。 修理する場所が分かっていれば、そこの住所を伝えれば運んでくれます。 

電話をした際に必ず聞かれるのが、現在地です。 


はっきりと住所が分かれば良いのですが、なかなか分かりませんよね。 場所の説明におススメなのが、「国道○号線」という言い方です。 


「国道○号線を△方向から西へ□km程のところにいます」と言えば伝わります。 
近くに標識があれば、わかりやすいですね。 

そして、仕事を休む必要があるのなら、必ず職場には連絡をしてください。 


バタバタして忘れがちですが、無断欠席になってしまいますし職場の人も心配します。 

事故を起こしてしまった時に慌てないように、普段から保険会社の連絡先の確認をすることをおススメします。 


何もなければかけることのない番号ですが、万が一の時に番号が分からなければせっかく保険に入っていても連絡を取ることができません。 


また、車検証や免許証を入れてある位置も確認しておきましょう。 

事故をしてしまった日は頻繁に電話が掛かってきます。 


可能なら、家族などに一緒にいてもらった方が、精神的にも楽になるので、頼ってみてください。

事故により生じた精神疾患は補償される可能性は低いです。

交通事故に遭った時、特に追突など相手の過失が100%だったり相手が信号無視などで交差点に突っ込んでくるなど相手側の過失が大きい場合、車に関してはもちろん体のけがも相手の保険会社から補償してくれることになります。

そして相手の保険会社の担当者も治療が終わるまでは定期的に電話をかけてきて体調などの状況について把握することがほとんどです。

しかしながら仮に事故による体のけががなかったり、あるいはけがをして後遺症なく回復したとしても中には事故に遭ったことによって気分的に車の運転をしたくなくなったり、あるいは事故現場付近は思い出すから二度と通りたくないといったようないわゆるPTSDなどの精神疾患を引き起こすことがあります。

中には事故に遭った後体のけがが一切なくてもまた同じような事故に遭ったらとどうしようといった不安を感じるようになり、車を全く運転できなくなってしまったり道を通れなくなったりすることもあります。

その結果仕事を解雇されたり学校を留年して経済的に大きな損失を受けることも少なくないのです。しかし精神疾患に関しては目には見えず診断も医師によって大きく異なることもあるため、この交通事故をきっかけとして発症したかどうかははっきりしないものです。

なので交通事故をきっかけとして心療内科や精神科に長期間通院したとしても費用を一切補償されないということがほとんどです。

このような状況では精神的な被害を受けたということで慰謝料が多少支払われる程度となっているのですが、体にけがをしていない場合は多く支払われたとしても数万円程度で長期にわたって通院するにはとても足りるような額ではありません。

もし交通事故で精神疾患を引き起こしたということが確実であれば裁判をして補償額について相手側と争わなければいけないのですが、仮に精神疾患を発症したと認められても裁判費用がかなりかかることからかえって損をすることもあります。

そのため交通事故で引き起こされた精神疾患は自費で治療しなければならず、場合によっては一生付き合っていかなければならないと考えておくべきです。

そのようなことからできる限り事故には遭わないよう夕方には早めにライトを点灯させたり、あるいは十分な車間距離を取って追突されそうになっても前進して避けられるようにしたり、交通量の多い場所を通らないように心がけたりするなどして普段から気をつけて運転すべきなのです。